2008年06月09日

パッチ

マイクロソフトは6日、6月11日に公開を予定している月例のセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)の概要を公表した。Windows関連の7件の修正パッチを公開予定で、脆弱性の最大深刻度は最も高い“緊急”が3件、2番目に高い“重要”が3件、3番目に高い“警告”が1件となっている。

 脆弱性の深刻度が“緊急”の3件は、Bluetooth関連、Internet Explorer(IE)関連、DirectX関連の3件。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行される恐れがある。影響のあるOS は、Bluetooth関連の脆弱性がWindows Vista/XP。IEとDirectX関連の脆弱性が、Windows Vista/XP/2000およびWindows Server 2008/2003。

 脆弱性の深刻度が“重要”の3件は、WINS関連、Active Directory関連、PGM(Pragmatic General Multicast)関連の3件。影響のあるOSは、WINS関連の脆弱性がWindows Server 2003およびWindows 2000 Server。Active Directory関連の脆弱性が、Windows XP、Windows Server 2008/2003およびWindows 2000 Server。PGM関連の脆弱性が、Windows Vista/XP/およびWindows Server 2008/2003。

 脆弱性の深刻度が“警告”の1件は、Kill Bitに関連するもので、Windows Vista/XP/2000およびWindows Server 2008/2003に影響がある。このほか、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムや、悪意のあるソフトウェアの削除ツールの更新バージョンが公開される予定となっている。

とのことなので早めの対処が必要かな?
posted by ひなた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。