2008年11月22日

【ゆで玉子】

今回はゆで玉子のレシピ?

散々失敗を繰り返すゆで玉子
今回、完璧と思われる方法を見付けたのでここで実践、紹介!

ゆで卵に対する自分の認識はこうだった
それは水から玉子を入れて沸騰したら12分くらい…
ただそれだけ…

でも根本的に違っていたようです
そもそも沸騰した時点がいつなのか?
それが本当の沸騰した時間なのか?
言われたらその通りだと思いました…
化学的な要素が多く、かつ曖昧な状況を判断するのはまだ自分には敷居が高すぎます
つまり曖昧な沸騰から「およそ」12分くらいでは誤差が生じて当たり前ですよね

ですので完全な沸騰をさせてから玉子を入れればいいんだ!という今回は始まりです
また始まりに大切な要素は玉子は茹でる前に常温において置く、コレは鉄則のようです!
そして常温の状態の玉子を完全に沸騰したお湯に静かに入れます
この時、勢いよく入れてしまうと玉子が割れたりしますのでお玉とかで丁重に扱います
(割れ防止に少量のお酢をお湯に加えてもいいようです)
サラダやラーメンのゆで卵として使う際はコロコロと転がしながら玉子の黄身を真ん中にしてあげます
そうしたら中火で11分間茹でます
これは完熟に近い仕上がりになりますので半熟がよければ時間の調整をしてください
時間が経過したら、まずはお湯を捨てます
そして一気に冷水を入れます
もったいないですが玉子が人肌になるくらいまでかけてあげてください
そして水をかけながら鍋をガツンガツン揺らします
こうして玉子にヒビを入れてあげます
人肌くらいになりましたら水の入った鍋の中で皮を剥きます
案外ツルッと剥けます
すぐに食べたり使ったりしない場合は、冷やす方がいいようです
黄味の中心にいつまでも熱が残っていると、黄味の回りが熱で黒ずんだり15間分以上 茹でてしまうと、この黒ずみが同様に出来るそうです
サラダなどでは見た目も美味しさに反映するので結構ポイントが高いです
またどこの書き込みにも見られますが新鮮な玉子ほど剥きづらい傾向にあるようです
真意は分かりませんが自分はこのやり方に惚れました

簡単なようで失敗すると痛い不愉快なゆで卵
自分はこれからこのやり方で作業を進めます

ポイント

玉子は常温
沸騰した状態に静かに沈め11分
すぐに冷水にさらす
posted by ひなた at 00:46| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆで卵、11分!この[レシピ]イタダキマス〜!!いつもアリガト♪
Posted by りんかあかん at 2008年11月23日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。