2008年07月29日

餃子!

餃子!に引き続き備忘録

豚バラ肉(スライス) 300g

白菜 1/4個 白菜1/4は約700〜930g
キャベツ 1/2個 700g前後

白菜の場合、芯の部分は別に切断して敢えてサイコロ上
(5mm四方くらい)に切り込むことにより歯ごたえがでる
この部分も含めしっかりと絞ること!
キャベツに関しては細かく刻んで問題なし!

サイコロカットは186番餃子で学んだこと

また餡はギッシリ詰め込むことによりボリュームが上がる
(↑好みの問題)
これは中華街の名店「上海飯店」のバリうま餃子が語ってくれる

ねぎ 1/2本
100ccのお湯に対して鶏がらスープ小匙1
(この分量は本来よりは濃い設定となるが野菜が加わることにより薄まる)
醤油 大匙1 1/2
塩 小匙1
ごま油 大匙4
餃子の皮(もち粉入り) 20枚入り×3袋
約60枚

この際に餡をしっかり詰めると皮が余ることが多々ある
その時は余った皮をラップにしっかりとくるむ
そしてそのまま冷凍庫へ入れる
次回に使用する場合は前の日に冷蔵庫へ入れる
決して常温で解凍してはならない(ベタベタになってしまう)
使うときに冷凍庫から取り出す!

餡の味付け規定値

ウェイパーは270mlに対して小匙2
ガラスープは300mlに対して小匙2

よって両者を100mlに換算すると

ガラスープは100mlに対して小匙1/2強(3gくらい)
ウェイパーは100mlに対して小匙1/2強(3gくらい)

よって100ccに対する両者は同等の濃さを持っている
また現行の「100ccのお湯に対して鶏がらスープ小匙1」では
濃い部類に入りそうだが多量の野菜により下味はかなり薄まる

現在の「100ccのお湯に対して鶏がらスープ小匙1」は下味が薄く感じる

よって濃い目の設定としては「100ccのお湯に対して鶏がらスープ小匙1」+ウェイパー小匙1/2を加えてみる
または「100ccのお湯に対してウェイパー小匙1」+鶏がらスープ1/2を加えてみるのもありか?

上記手順がベストなシンプル餃子であったが
少量を作りたい、もしくはテスト的に作る必要があったため
豚バラスライス100gバージョンを追加する

豚バラスライス100g、キャベツ300g(1/4)、もしくは白菜1/8ネギ程度であれば好みで1/2から1/3を使用
で作成する場合の調味料は

30ccのお湯に対しガラスープ小さじ本来は1/3、しかし加減が難しいため1/2
醤油小さじ1と1/2
塩小さじ本来は1/3、これも加減が難しいため1/2
ごま油大匙2

にて作成した

結果は味の面でも問題なく薄めの下味が付く

また白菜の場合に芯の部分をサイコロ状にしたがキャベツに関しては芯の部分もフードプロセッサーで細かく切り水気をギッチリしぼっても歯ごたえ、また餃子の型崩れも起きなかったためキャベツの方が楽かもしれない。(時期的なものは未確認だが)

餡の下味に関してはそれぞれの意見があり試行錯誤を要するため今後も随時更新予定

また野菜にニラ、ニンニク、生姜を用いないのはタレに変化を与えることで万人の人が食べられる目的を持つものとする結果
posted by ひなた at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

またまた意味のない日記…
自分が信じた白という色…
いつから白という色が白として認識したのかも分からない…
けれど先日、自分の信じた白という色が限りなく白に近い灰色であったことを知らされた…
自分はその日まで白という色を白と信じて生きてきた
それが灰色であったということに気付いた時に可能性を知った
人は生きていく過程の中で自信を持って選択をしていく、そして学んで生きていくもの
それらが覆ることなどないと信じて生きてきた中で、その一つがそうでなかった時の衝撃もさることながら、また一つ人間としての可能性が拡がった喜び…
自分の範疇の小ささに気付かされた愚かさは自分の可能性を広げてくれるほどの衝撃と喜びをもたらしてくれた…

今ある正しいとされる形が果たして本当に正しいものであるのか?
疑うことをしたいわけではない…
けれどその姿、形が本来のものであるかをもう一度再構築する必要性や自身の思考力を磨く機会を失ってはならないと感じた
既存の考えに基づいて選択することは必要だ
しかし立ち止まり、もう一度深呼吸をすることの必要性に気付かされた

自分は気付けない人間…

やっぱこれからも吸収力を身につけ生きていきたい…
posted by ひなた at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

親としての責任、自覚?

さて今日も不定期な更新…

いつもながら適当な書き込みになるが、まっ、いいか…

今回感じたことを書いておこう

自分は今本当に大切な女性と交際している
自分が父子家庭となり子供が成人するまでは交際することなどないと思っていた
また係争中に指摘され続けてきた元妻の執拗な攻撃からも女性が信じられなくなっていたの事実…

もう裁判などすまい…、一人でいられることが逆に有り難かったりもした…

でもそんなある日出会いはあったんです

もう一目惚れでした…

でも一方で冷静な自分が冷めた視線を自分自身に投げかける
そしてそれを理解したように子供を彼女に慣らすことが本当にいいのか疑問に感じた時期もあった

それは過去形…

全てが不安で…、けど彼女も、そして何より子供が彼女の暖かさに気付き始めた…

有り得ない展開、自分は彼女を信頼し、まだこの世に生を受けて5年という命を彼女に託す決意をしました

何かがあったら…、という不安は確実に自分を追い込んだ時期もありました

けど、その壁も見事に彼女は乗り越えてくれ子供との絆を築いてくれました

本当に有り難い、つつがない日々が切なさをもたらし過去を恨んでもきました

紆余曲折…、ここまで来れた今日に感謝です

そして最近感じることがあります

それは親という立場、育児という責任

今現在、子育てをされている方で、自信を持って確実に子育てしてるという方がいらしたら是非お話をさせていただきたい

自分は子育てが不安でなりません

この選択が正しいのか不安で、でも選択せざるを得ない

そんな緊張感で一杯の中を適当に、そして、でも必死に選択しています

自分の文章って本当に紛らわしい…、ごめんなさい

でも必死さが恥ずかしくてこんな表現しか出来ないんです

全てが手探りで、でもこの子には普通(?)の成長を願っているんです

自分のようにはならないでほしい、そんな罪の意識を感じながら今を生きています

でも彼女は子供と視線を合わせ一つ一つを丁寧に紡いでくれています

自分の大人気なさと彼女の誠実な性格…

自分が本当に恥ずかしいです

だからって訳じゃないけど彼女の大好物の餃子、まずはこれから真剣に向き合って丁寧な恩返しがしたいんです

自分は不器用、けどコレとなったら徹底して貫く自信はあります

またお話がづれました

親としての資格を考えた時期があります

子供が生まれたら親になります

けどこの時に資格なんていらない

愛情があれば子供は真っ直ぐに育っていってくれる

これは自分の願望かもしれない

けど愛情を持ってすれば何事も…、つまずきながらも進むものと信じられるようになりました

彼女は子供の母親ではない…

哀しいけれど彼女ではない

けれどこんなことで嘆いてなんていられない

だって自分には結果があるから…

彼女の足跡は確実に母親以上の愛情に変わりつつある…、そう見ています

でも第三者からしたら、そうじゃない

でもいいのだと悟りました

それは子供の反応から…

母親以上に甘えられ、母親以上に頼ることの出来る、そんな彼女の底力を今まで見せてもらえました

自分は彼女と結婚したいと望むようになりました

だめだぁ…、上手くまとめられません

もう一度出直してきます

でも彼女の残してくれた足跡が今後も続いてくれることを祈って今日は更新を終えます

ではまた…
posted by ひなた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

912sh

先日、知り合いに携帯のメモリーカードへ音楽の書き込みを頼まれた

今日はそのことを書いておこう!

なんかまとまりないなぁ、このブログ…

まっ、気にせず…

自分はドコモの携帯を使用しているためSOFTBANKは全くの知識がない
けどネットで調べりゃなんとかなるかな?と安請け合い

いざ、iTunesでAACファイルを作成させてMicroSDに保存する[PRIVATE>MYFOLDER>My Items>Music]に置く
アーティスト名などのタグは利用できないとのことなのでファイル名を「アーティスト名_曲名」と入力して準備万端

カードを返して確認してもらう

「未対応だってよ!」

困った…。更に追加で調べると…iTunesのバージョンが影響していることを確認、不覚だった。

SOFTBANKに確認!

やっぱり、iTunesのバージョンが(というよりQuickTimeのバージョン)が7.3もしくは7.4だとファイルを未対応と処理するようだ

賢い利用者はバージョンダウンで7.2を使用している、もしくは別の変換ソフトを使用している

ここで参考になったのがiTunesをバージョンアップさせQuickTimeも同時にバージョンが上がる7.5を使用すると改善されるとの報告を受ける

なるほど!SOFTBANKからiPhoneの発売も控えiTunesの利用者も更に増えることとなるだろう…、その整備の一環なのかな?

どっちにしろ原因が追求できて安心した!

もしご存知でない方がいましたらiTunesのバージョンを最新のものにすると今まで通り再生ができるようですよ!

少しでも参考になれば…

ちなみに自分はso903iを大切に使っている
コレmp3ファイルを直再生出来るから何かと手放せないアイテムなんですよね!
posted by ひなた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

救急車…

さっき記事を書いたばかりなのに追加で今日の大変な出来事も書いておこう…

うちの家庭のことは一つ前に書いた、そう父子家庭

今まで色んなことがあった、色んな扱いを受けた

思い出せば本当に大変なことが多かった

けど、自分があまりそう思わないのはそれ以上の息子の成長と日々の生活に追われているから…

だからブログにすることも出来事の中に埋もれてしまいがち…

これでいいと思ってた

けど今日の出来事は特別だ!

昨日の朝から息子が40度近い発熱

大慌てで普段の小児科に行った

結果は夏風邪とのこと

大事に至らなくてよかった

ここまではよかった…

処方された薬を飲ませ充分な水分と睡眠も取れた

と、思ってた

が、翌日…

熱は一向に下がらず心配になってきた

いつもなら翌日は7度台に下がってくれていたから

どうしたものか思案にくれて小児科に電話

再度どんぷくを処方してくれるとのこと

薬を頂き一日過ごす

けど熱は下がらず…

そう言えば昨日の夜は心配で夜間診療に電話で問い合わせたっけ?

「お父さん、心配し過ぎですよ。子供は熱にも強いし処方された薬も問題ないから様子を診てあげてください」

そうは言われても初めての経験なんですよ…

今までは次の日には熱が多少なりとも下がっていたんです…

信じ切れない愚かな父親

本当に情けない

その後も別の夜間診療を行っている病院へ問い合わせてる

結果は同じ

でも真剣だったんです

心配だったんです

迷惑掛けてスミマセン…

そして今日の様子は相変わらずダルそうな様子

まぁ、薬ももらったし体力を持て余してるらしく昼寝もしないし…、今日の夜はグッスリかな?なんて考えてた

お粥を希望され作ってあげて「美味しいよ」なんて健気な姿が哀しくなる

8時を過ぎて眠さも出てきたようでトイレに行かせて交代で自分もトイレへ

うんこをしたくなり子供に「ちょっと待ってて」と声を掛ける

子供は横になって本を読んでた

便意と格闘すること5分経過

外から猫の声らしいものが聞こえてきた

もう一度、よく聞く

ん?!

子供の声?

大慌てでケツも拭かずに自室へ…

顔面血まみれの子供の姿!

「はぁ?」

足元も血だまり!

「えぇ!」

「どうした?」

「鼻血止まらない、怖いよ、父さん怖いよ」

すでにパニック状態の子供

自分もすでに動揺

やべぇなぁ、とにかく落ち着かせなきゃ…

大丈夫と声を掛け血を拭きながら様子を窺う

左から結構な出血

大丈夫!

鼻にティッシュを詰めて顔を拭く

ティッシュで拭いても拭いきれない量

困ったなぁ…

濡れタオルを用意しに子供から一旦離れる

帰ってくると更にパニックの息子

「父さん、止まらない、両方の鼻から血が出てきてる、怖いよぉぉぉ」

5歳児には恐怖だろう、自分だってそうだ

両の鼻から出血!?

このまま自分が処置していいのか?

それすら不安になる出血…

今までの継続する高熱も手伝って判断が効かない

素人判断ほど怖いものはない

もう限界だ、救急車を呼ぼう

電話をかけ現状を報告、報告している自分が更に不安を煽ってしまった

駆けつけてくれた救急隊の方々

まずは自分が落ち着くように言われ何も持たずにいることを指摘される

情けない

保険証、着替え、財布を手に取り救急車に戻る

いざ、夜間救急病院へ

しかし!

救急車の中で鼻血が治まり始める

「あっ、止まってる」

無邪気に安心し始める息子

救急隊の方も「よかったね」と…

結果、病院に付く頃には平静を取り戻してしまう展開に…

情けない…、もっと冷静に判断する力があれば…

でもあの時の自分はそれどころではなかった

今日の教訓を今後に生かさざるを得ない

診断の結果、小児科より頂いた薬は全てベストのもの

40度近くの高熱により鼻の粘膜が傷付いたのかも?との診断

よってのぼせた状態に陥り鼻血に結びついた可能性がある

耳鼻科まで診察をしていただき止血方法を教わる

やはり鼻を摘むことがいいらしい

でも自分もこの処置をしたんです

けど喉の血がたまり何度も血を吐かせてしまった

これだけでもう自分はパニックに陥っていた

だから上を向かせてはならないそうだ…

多少下を向かせ、そして最低10分は鼻を摘む

それでも止まらない場合は近所の耳鼻科に相談をした方がよいそうだ

本当に全ての方々に迷惑を掛けてしまった

ごめんなさい…

この事を機に自分はもっともっと知識を身につけて生きていかなければならないと実感しました

そしてこの展開に嫌な顔一つせず傍にいてくれたy.t.さん…

心からありがとう

支えてもらえる有り難さを実感し心から救われました

ありがとう

ではまたこんな記事を書いてもいきたいと思います
posted by ひなた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

父子家庭

今まで自分の備忘録的な内容でブログを作ろうと考えてきた。
けどちょっと路線を変えて自分のことを書いていこうと思う。

自分は今、父子家庭です。

こう書くとなんだか訳ありそうで…、でもまぁ事実だからここに至る経緯も今後書けたらと思う。

裁判で親権を争ったこと…、今だから少しは冷静に客観視できる面もある。

今は子供と真剣に向き合い、そして今後の自分とも向き合っている。

お陰で料理が好きになった。

やっぱり子供が喜んで食べてくれると心から嬉しい。

何度も挫折をしては食材を無駄にもしてしまった。

男の料理、こだわりのある人なら相当のめり込むのではないか?

今は仕事も無理が利かない…

それでいいと感じてる…

いつかはお金を稼ごう…

子供に理解をされる時間を少しづつ築いていこう

今は少しある時間を資格や趣味を実益あるものにできたらと思案の時間にしようと思う…

もし興味がある方がいましたらコメントをいただけると有り難いです。

では次回に…

なりたい自分に近づいてますか?諦めてませんか?

5年後輝くために、なりたい自分になってみませんか?

輝くための第一歩、スクール探しはVeeへ!
posted by ひなた at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。